三重県鈴鹿のヒーリング サロン luce・ルーチェ

三重県鈴鹿のヒーリング サロン luce・ルーチェのブログへようこそ♪ヒーリングサロンでの体験話やエネルギー、ヒーリング、スピリチュアルな情報を楽しく、感じるままにお伝えしていきたいと思います♪

癒し ヒーリング 前世物語


ヒーリングサロン Luce・ルーチェ>(三重県鈴鹿市)の

ホームページはこちらをクリック→→
ヒーリングサロンLuce


〰前回の続きです〰


僕にとっての少女に抱いた感情は初恋だったのだと思う。

川のほとりへ行く用事はどちらかというと好きではなかった。

でも、一瞬で好きになった。

少女と共に。

これが僕の初恋だったのだ。


僕は木こり以外の人と話す機会はほとんどなかった。

世の中には、こんなに綺麗な人がいるのかと思った。

何しろ木こりの身なりしか見た事がなかったからだ。

少女の姿と比較すると、僕と木こりがいかに汚いかがわかった。


少女は川のほとりで、僕に背を向けて草を摘んでいた。

僕が川の水を汲むと、少女が水が飛び散る音に気付きこちらを向いた。

少女は最初は音に驚いた様子だった。

一瞬、僕をうつろな目で見つめていたが、すぐに笑顔で応じてくれた。

少女は僕に手を振りながら去って行った。

僕はしばらく動けなかった。

『一瞬、僕をうつろな目で見たのは何故だろう?』

理由はわからなかったが、少女の笑顔を思い出すとどうでもよくなった。

そして何より妙な気分だった。

これから、いつでも会えるという不思議な確信が生まれていた。

何故かはわからない。

これから素敵な事が始まるのだろうという、根拠のない自信だった。

続きを読む
前世・過去世 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |